緊急地震速報防災講演会 in 大阪
~ 緊急地震速報10周年~緊急地震速報のこれから ~
を開催します

はじめに

緊急地震速報利用者協議会では、大阪管区気象台及び(一財)気象業務支援センターとの共催により、緊急地震速報防災講演会 in 大阪「緊急地震速報10周年 ~緊急地震速報のこれから~」を、下記のとおり開催します。

平成29年12月22日
緊急地震速報利用者協議会

防災講演会の概要

1 日時

平成30年2月14日(水) 13時30分~16時 (開場 13時00分)

2 会場

大阪市立阿倍野区民センター  2階大ホール

※ アクセスマップは こちら をご覧ください。

※ 当日は会場内で緊急地震速報専用端末機器展示・相談等を開催する予定です。

3 定員

600名  入場無料  要事前申込(先着順)

※ 防災講演会のご参加については、メール又はFAXによる事前の申し込みが必要です。

※ 申し込み方法は、リーフレットの 裏 面(pdf形式:212KB)をご覧ください。

※ 定員になり次第、申し込み受付は終了させていただきますのであらかじめご了承ください。

4 内容

(1) 主催・後援など

  主催:大阪管区気象台、
              緊急地震速報利用者協議会、(一財)気象業務支援センター

  後援:近畿地方整備局、近畿運輸局、大阪府、大阪市
              NHK大阪放送局、(一社)日本新聞協会、(一社)日本民間放送連盟

(2) 講師・演題

  土井恵治(大阪管区気象台長)

      「緊急地震速報10年を迎えて -緊急地震速報が可能にしたこと、今後可能になること-」

  大牟田智佐子(毎日放送報道局)

      「報道から見た緊急地震速報への期待」

  木村玲欧(兵庫県立大学 准教授)

      「緊急地震速報をより効果的に活用するために」

  久田嘉章(工学院大学 教授)

      「長周期地震動に対する自助・共助による超高層建築の備え」

  講演会リーフレット表    講演会リーフレット裏

      ○  表 面 (pdf形式:292KB)            ○  裏 面 (pdf形式:212KB)

 リーフレットの裏面は、FAXによる申込用紙となっています。

      ○  リーフレット (pdf形式:363KB)

5 お問い合わせ先

気象庁地震火山部地震津波防災対策室

    電話:03-3212-8341(内線4666)

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページ
先頭へ