緊急地震速報について

緊急地震速報とは・・・

地震が発生すると初期微動のP波と主要動のS波が同時に発生しますが、速度の速いP波(秒速約7km)はS波(秒速約4km)より早く伝わります。

震源に近い地震計でP 波を観測するとすぐにそのデータが気象庁に送られ、震源の位置や地震の規模(マグニチュード)を推定し、この解析結果から各地での主要動の到達時刻と震度を予想します。

P波とS波の伝わる速度の差を利用し、大きな揺れを伴う主要動が到達する前に、地震の発生を可能な限り早く知らせる情報が緊急地震速報です。

(『緊急地震速報利用の手引き』より)

この続きは、 こちら のページに掲載している『緊急地震速報利用の手引き』をご覧ください。

気象庁から発表される緊急地震速報の提供・配信の経路について

緊急地震速報の主な流れは、次のとおりです。

緊急地震速報の流れを示す解説図

緊急地震速報の主な流れは、次のとおりです。

1 気象庁からの直接提供

国の機関へは気象庁から直接提供され、1省庁1箇所となっています。

2 一般財団法人 気象業務支援センターからの提供

気象業務法により気象庁から民間気象業務支援センターの指定を受けた一般財団法人 気象業務支援センターは、気象情報提供事業の一つとして、気象庁からの緊急地震速報を「緊急地震速報 提供事業者」へ配信するとともに、緊急地震速報の個々の利用者への提供を行っています。

3 緊急地震速報 提供事業者からの提供

緊急地震速報 提供事業者は、一般財団法人 気象業務支援センターから配信をうけた緊急地震速報を、個々の利用者への提供や、他の緊急地震速報 提供事業者(二次配信事業者)への配信を行っています。

緊急地震速報 提供事業者及び各利用者が緊急地震速報を入手するには、上記 2 または 3 のいずれかの経路を選択して、その提供についての契約を締結してください。

緊急地震速報提供・配信関連リンク

Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

ページ
先頭へ